今季大注目!人気スポーツベッティングイベント5選

アメリカ人は年間 1500 億ドル以上もスポーツイベントに費やしており、多くの人々が世界で合法ギャンブルを楽しんでいるようです。最近はインターネットやスマートフォンの普及のおかげでより簡単にギャンブルを楽しめるようになりました。もしさらに多くの州でスポーツベッティングが合法化された場合、その数字は急増することでしょう。この 1500 億ドルという数字はすべてのスポーツイベントにおける合計額を意味していますが、あるスポーツイベントは他のものよりも際立って人気があります。この記事では、世界で最も人気のスポーツイベントについていくつかご紹介します。

ボクシングボクシングの人気は下降気味ですが、それでもフロイド・メイウェザー、コナー・マックレガー、マニー・パッキャオなどの有名選手の試合は大きな注目を集めています。ネバダ州ではボクシングのマッチでの賭け金が 1 億ドル以上にもなり、こちらは同州の1 つのイベントにおける賭け金の最高額となりました。州内の複数のブックメーカーは2 人のボクサーの中の一方に 1 度に 100 万ドル以上賭けた人がいることを証言しています。もしフロイド・メイウェザーが再びリングに上がるようなことがあればその金額はさらに上がることでしょう。

ザ・グランドナショナル –  英国の競馬イベントであるグランドナショナルがリスト入りしました。英国王室も参加するこのイベントは世界で最も難しいレースとして知られています。多くのアメリカ人がケンタッキーダービーを観戦していますが、その賭け金や観戦者数から判断すると、世界の人々はグランドナショナルの方に注目しているようです。120 か国において5 億から 6 億もの人が視聴していると予測されています。報告によると、2017 年の賭け金の総額は 4 億米国ドルでした。米国ではさほど人気というわけではないかもしれませんが、ギャンブルが好きな人々にとっては欠かせない、一流のイベントであると言えるでしょう。 

ワールドシリーズ –  野球は NFL や NBA ほどの人気はないかもしれませんが、それでも多くの人がワールドシリーズに注目しています。ヒューストンのビジネスマンであるジム「マットレス・マック」マッキンベールは、彼の持つ家具店のプロモーションの損失から自分自身を守るため、ギャンブルに挑戦しました。さまざまなステージでアストロズに 1100 万ドルも賭けたことが話題となり、多くの人がワールドシリーズに興味を持ったようです。シリーズが長くなればなるほど、スポーツブックメーカーはより多くの金額を稼ぐことができます。

ラグビーワールドカップ –  ラグビーもあまり米国ではなじみのないスポーツですが、世界中で最も観戦されているスポーツの 1 つです。2019 年に日本で行われたラグビーのワールドカップではトーナメント史上最高となる 8 億 5000 万もの人々が世界中からゲームを視聴しました。具体的なデータはありませんが、これだけ多くの人々がゲームを視聴していたことを考慮すると、トーナメント中かなりの賭け金が動いていたことは間違いないでしょう。

バスケットボール – バスケットボールの人気は急上昇を見せており、チャンピオンシップシリーズは最も多額の賭け金が動くイベントの 1 つであると言えるでしょう。多くの人が海外の違法なブックメーカーを通して賭けているため、正確な合計金額はわかっていません。2000 万人以上の人がシリーズを視聴していることからも、違法なブックメーカーを通して莫大な金額が賭けられていることが推測されます。